プロフィール

kyapo

Author:kyapo
こう見えて1児のママ。
ADHDなAB型です:)

検索フォーム
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

37

妊婦の体を体験

こんなに大変!妊婦の体を体験

おなかがおおきくなる妊娠後期は、日常の何気ない作業が大変で不便なことこの上ない妊婦の体。実際、どのくらい大変なのか、妻を理解するために自宅でできるシミュレーションをご紹介。ぜひ試してみて!


準備するもの
・リュック
・米7~8kg
・タオル
・腰ひもなどの長いひも
・エプロン

妊婦の体を再現
①リュックの中に米を入れ、タオルを加えておなかを大きくし、妊娠後期のおなかにする。
②腰ひもなどで、おなかをリュックに密着させる。(←これがポイント!)リュックとおなかが離れていては妊婦体験にならない。
③妊婦は胸も大きくなる。全体がふっくらする。同じ感覚を味わうために、リュックの上からエプロンをしてできあがり!


★さっそく体験してみよう★

》大変さ1位★靴下をはく&足のつめ切り

おなかが邪魔で足元に手が届かない!
靴下をはくときも爪を切るときも、ひざを立てて足元を引き寄せて動作します。しかし、おなかが大きくなると、ひざをおなかに引き寄せると圧迫されて苦しい。その上、足先に手が届かない!

献身あるのみ!妻がしづらい作業をしてあげよう
妊娠後期になったら、妻に靴下をはかせ、足のつめは切ってあげましょう。ちなみに、どちらも難しい作業。しかし、妻のつめを切ったり靴下をはかせることがすスムーズにできれば、わが子が誕生したときにもやってあげられる。子育ての予行練習だと思うべし。夫の株も上がりそう!


》大変さ2位★座る&立ち上がる

ヨタヨタ、ヨロヨロ。バランスが悪すぎる!
立ったり座ったりは1日何度もする動作ですが、これがまたバランスがとれなくてかなり怖い。座るときは、床に手をつこうとすると転びそうになるし、立ち上がる時もヨロヨロしてしまう。太ももやひざへの負担も大きく感じる。妊婦は腹筋がうまく使えないので、それを考えるとさらに大変な動作。

座るとき、立つときに手を貸してあげて
妻が立ち上がる時は、妻の手を自分の肩に置いて体重をかけてもらい、立ち上がりやすくしてあげよう。座るときも転ばないよう注意してあげて。立つ途中、妻がよろけないように、妻の腰に手を回し引き上げてあげると、立ち上がりやすくなる。ちょっとした気づかいとスキンシップで、妻もきっと喜んでくれることだろう。おなかの重みで腰痛なども出やすい時期なので、寝る前に妻の体をマッサージしてあげるのも有効的。


》大変さ3位★寝起き

起き上がるのも寝るのも大変。熟睡できない!
普段何気なくしていた動作が本当にできない。腹筋がうまく使えないので手の力を使って起き上がるしかないものの、これがひと苦労。うつぶせ寝もできないし、あおむけも苦しいことがわかった。寝るのがつらいとは思わなかった。これじゃ、熟睡できないかも。

立ち上がるときと同様にサポートを
起き上がるときにサポートするのは当然のこと。横向き寝で足の間にクッションなどを挟むと楽になるので、抱き枕などを買ってきてあげると喜ばれそう。


》大変さ4位★ふろ掃除

狭くて滑りやすい。浴槽の底を洗うのは危ない!
狭くて滑りやすいおふろ場の掃除は、つらい動作だけではなく、滑りやすいため、結構危険だということに気づく。とくに浴槽の底を洗うのはおなかが大きいとかなりキツイ動作。思いっきり手が伸ばせないし、体のバランスがどりにくい。ちなみに入浴のとき、浴室のイスに座ってからだを洗うのも大変だろう。足の裏なんかは洗いにくいかもしれない。

妊娠後期ではおふろの掃除は夫の役目だと思って
浴槽を洗うのは5分とかからないはず。妊娠後期はふろ掃除は夫の役目だと思って引き受けてあげよう。おふろから上がった直後にやれば苦にもならないし、帰宅が遅いなら、朝5分早起きして洗っていこう。


》大変さ5位★階段を下りる

転がり落ちそう!足元が見えない
おなかが邪魔で足元が見えにくい。横から足元をのぞき込まないと、踏み外しそうで、ぞっとする。階段を上るより下りるほうが何倍も危険に感じた。手すりや壁がないと安全に下りるのは難しいかもしれないと感じた。

妻の階段を下りるペースに合わせてサポートして
階段を使うときは妻のペースに合わせるべき。決してスタスタと先に行ってしまわないこと。荷物を持ってあげるのはもちろん、妻を見守ったり、手を差し伸べてあげよう。


》大変さ6位★床掃除

腰まわりの筋肉がひきつる感じ
最初は問題ないように思えたが、長時間やるとつらくなってくる。重いおなかが重力で下に引っ張られる感じ。それを引き上げようとすると腰まわりの筋肉が疲れるので、腰やそけい部のあたりがつって痛い。

できれば手伝ってあげよう
できれば手伝ってあげたいもの。柄付きのモップを使って床掃除をするという手もある。ぞうきんがけは安産にいいらしいので、モップが使いにくいところを一緒にやってあげると喜ばれそう。



スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

月別アーカイブ
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。